エムズ通信 Aimss Journal

壁掛TVの配線をスッキリさせる方法

施工現場日誌

こんにちは、スタッフの吉田です。

毎日暑いですね~(^-^;

 

先日、完成した現場に壁掛けテレビを設置してまいりました。

壁掛けテレビにしたいご希望があるときは、設計段階から下記の3点注意が必要です。

①TV金具を取り付けるため、壁下地が必要です。

②配線・配管を壁で処理するため、前もってレコーダー等の置き場所を決める必要があります。

③テレビ高さは見る位置によるため、椅子なのか、ソファなのかなど想定し目線の高さに揃えます。

 

配線も少しややこしいと思われがちですが、仕組みが分かれば簡単です(*^^*)

テレビの裏側に差し込む〈地上とBSアンテナ線+HDMI配線〉を、壁の中に通し、レコーダー側の差込口までもっていきます。

 

こちらがまだTVを取り付ける前の配線の状態。

壁から3本線が出てきているのが分かります。

そしてこちらがレコーダー側の取り出し口。

先ほどの3本の線が壁を通り、こちらに出てきています。

アンテナの起点もこちらに取り付けると、レコーダーとの接続がスムーズでスッキリします。

壁掛けテレビを検討されている方にも

是非参考にしていただければと思います(^^♪

 

お施主様からのお手紙やインタビューはこちら↓

施工例はこちら↓

Follow Us Instagram↓