エムズ通信 Aimss Journal

不思議・・?

施工現場日誌

突然ですが、

空気の重さ比べの問題です。

 

湿った空気と乾いた空気では、どちらが重いかご存知ですか?

答えは、、

湿った空気のほうが少し軽くなります。

 

同じ条件の空気の中には、同じ個数の気体分子が入っています。

水の気体分子が入れば、そのぶん、空気の成分である窒素や酸素などの気体の分子が減ります。

 

水の分子は、酸素原子1つと、原子のなかで一番軽い水素原子2つの、3個でできています。

空気の成分である窒素は、窒素原子が2つ、酸素は酸素原子が2つ、それぞれくっついた分子です。

 

 

つまり、水の分子は、窒素分子や酸素分子より軽いのです。

そのため、水の分子が多い湿った空気は乾いた空気より軽くなり、上空に上ります。

 

 

エムズの「呼吸する家」は、

湿気を出したり、熱気を追い出したり、ポカポカと

保温効果を発揮したり自然の空気の力を生かします。

機械や化学物質に頼らない。

自然の力で、

きれいな空気と過ごす、

そんな人にやさしい住まいを目指しませんか。

 

                        

                        

 

 

お施主様からのお手紙やインタビューはこちら↓

施工例はこちら↓

Follow Us Instagram↓