エムズ通信 Aimss Journal

四国再発見の旅

社長 修ちゃん日記

2日間のお遍路さん。

歩き遍路を始めてから1年3カ月。

今は高知をまわっています。

歩き遍路の大変さを身にしみて感じます。

今回は36番青龍寺から37番岩本寺まで

のお参りです。

青龍寺から岩本寺までは60キロ近くあり

2日がかりの道のりです。

JRで伊野駅まで。

ここからスタートです。

36番札所「青龍寺」

土佐市にあります。

ここから宿泊先がある須崎まで22キロを

歩きます。

山道もこんなに整備されていると歩きや

すいのですが、厳しく歩きにくいところも

多くあります。

峠で一休み。

土佐湾がきれいに見えます。

山を下って農村風景。

ハウスの前を通っていると「暑い暑い・・

こりゃたまらん・・」と言って人が出てきました。

「何を作っているのですか?」と聞くと

「ピーマンを作っている」と言います。

でも、人が辛抱しきれんような環境の中では

ピーマンも大変だろうな~と思います。

須崎市から岩本寺のある窪川までは約37キロ。

山の中の道のりが長くあります。

自然がいっぱいの山の中では新鮮な空気に

鳥の鳴き声、緑一色です。

川の源流です。

ちょろちょろと水が流れています。

道端に野イチゴです。

深い山の中、新鮮そのものです。

 

チョット一休み。峠から見える土佐湾がきれいです。

山を下って人家が見えてホットします。

田と山と緑に囲まれた風景の中です。

少し違和感がある家かな・・

須崎の宿を朝、5時15分にスタートして

10時間30分の道のりにヘトヘトです。

やっと岩本寺に着きました。

今回のお遍路はこの岩本寺までです。

次回はここから足摺岬にある金剛頂寺に向かいます。

100キロあると言います。

帰りはJRのお世話になります。

窪川駅から須崎まで1日がかりで歩いてきたのに

JRだと24分です。・・・

歩き遍路は普段の生活とはかけ離れた世界。

不便、不自由の極みです。

でも、自然とのふれあい、人との出会いの中

でたくさんの学びがあります。

 

 

お施主様からのお手紙やインタビューはこちら↓

施工例はこちら↓

Follow Us Instagram↓