エムズ通信 Aimss Journal

株立ちの木に似合う人

エムズの日常

最近では庭の木には「株立」の木をよく植えます。

「株立ち」とは根元から幹が数本に分かれ、成長し

ている木の状態でクヌギ、コナラ、ケヤキ、エゴノキなどの

落葉樹に見かけます。

・・・・・

なぜ、単幹のしっかりした木でなく、株立ちの木が好まれるのか。

それは生活環境が狭苦しく感じられるようになり、疑似的にでも

広く、明るく、開放的な空間を求め始めたからであろう。

また、生活様式の洋風化が進み、日本的な極度に閉ざされた空間

たとえば茶屋の庭にふれる機会が減ったことにもよる・・・

今、野田正彰の「庭園に死す」を読む中の一文です。

17060821

 

17060825