エムズ通信 Aimss Journal

自然派住宅パッシブデザインの勉強に

社長 修ちゃん日記

家づくりで一番大切なことは末長く家族が健康に暮らせること。

自然と共に暮らし、自然の恵みを受ける。

環境に負荷をかけることなく環境にやさしい家づくり。

それがパッシブデザインの家づくりです。

自然を敵対視しなく、自然と共に生きる。

今、寒い冬も機械に頼った生活ではなく太陽の恵み、自然エネルギーを

うまく取り入れて自然な心地よさをつくります。

大阪にてパッシブデザインの勉強会があったので一日学びました。

冬には太陽の熱を取り入れて、夏には遮る工夫をすること、通風をよくして

自然の風を取り入れ涼やかな環境つくる 、窓の配置、高低差を生かす

ことなどにより風の通り道を設計、工夫が生かされます。

勉強するほどに興味がわいてきます。

家づくりでとても大切なことです。

そして、そのつくられた環境はその家と共に延々です。

自然素材を使うだけでは健康住宅にはならず、建築地の環境、気象、

家づくりの仕組み、太陽、風、自然の恵みをいっぱい取り入れた中で

家族の健康を満たす家づくりにつながります。

今日の学びをエムズの家づくりに反映させなければと思います。