エムズ通信 Aimss Journal

自然の中で深呼吸

社長 修ちゃん日記
日曜日に自転車で、大自然の中を高畑さんと二人満喫してきました。

那賀町から高い山の峠を越えて日和佐川の源流を下っていきます。

日和佐の薬王寺の近くに出てまた、そこから出発地点の那賀町もみじ川温泉まで帰ります。

周回コースは約70キロです。

朝は8時30分に出発地点であるもみじ川温泉をスタートします。

山の中の朝は少し風がひんやりして気持ちのいいものです。

少し走れば長安口ダムです。その手前を峠、日和佐の方を目指して走ります。

流れる川はトーメイ度ばつぐん。

橋から下を見れば爽快です。


車はほとんど通りません。

山の中深い緑に囲まれて上り坂。


暑い晴天の中ですが、木陰に囲まれて気分も最高です。

峠まで長い坂道は続きます。

だんだんと息切れしてきます。

山からは湧水がいたるところから噴き出しています。

かわいいサワガニがいました。




まだまだ坂道は続きます。

あそこまで行けば頂上?と思いつつですが・・・

チョット休憩、歩いていきます。


谷川の水もきれいです。


高畑さんもおいしい水をゴクンと・・




こんな山奥なのに水も豊かです。

もう一息頑張ってやっと頂上! なんとか峠(?)にたどり着きました。


やって来たものの自分の詳しい居場所がわかりません。

こんな時、GPSを持っていれば詳しい情報がわかるのでしょうか。

出発から27キロ。

今までは上り坂ばかりでしたがここからは山を下るばかりです。

急な下り斜面です。スイーッと快調に走り抜けます。

見晴らしも最高です!


・・・でも、道には崖の崩れた小さな石がいっぱい転がっています。

いやな予感がよぎります。

パチン・パチンとタイヤの石を跳ねる音。

パンー・・という音が後ろから聞こえました。

高畑さんの自転車です。 私の一番苦手なパンクです。

助けを呼ぼうにも携帯の電波も通じない最悪の場面です。

いつもなら電話で家内に迎えをお願いするのですが・・・

タイヤ交換を自分でするしかありません。

悪戦苦闘の中、約1時間やっと交換できさあ!出発・・と

私の自転車を見てみれば後のタイヤがぺちゃんこです。・・・最悪。

タイヤ交換の苦手な私にとっては・・

この携帯電波の届かないところから脱出をすれば何とかなる、

とりあえずパンクしたタイヤに空気を入れながら走りました。

何とか電波の通じるところまできて天野自転車さんにパンク修理

の手ほどきを受けようと電話をしました。

そしたら「そっちまで行ったげようか?」と言ってくれます。

エッ・・天使の声のように聞こえました。

徳島から日和佐まで大変申し訳ないですが、すっかりお言葉に甘えました。

パンクは直ったものの、もうすっかり走る気力は飛んで行ってしまいました。

ついでに那賀町もみじ川温泉の車を置いてあるところまで乗せていってもらいました。

感動、感激、感謝の長~い一日でした。