エムズ通信 Aimss Journal

苦心の作

施工現場日誌

家族の中心にあるリビング階段。

階段の手すりをどういう風にデザインをするか?・・と

ずいぶん迷いました。機能性、デザイン性、経済性を

考えながら至った結果がこのような格子に決定しました。

170807齋藤修一様01

 

 

 

 

 

 

素材は杉の木です。桧にしようかとも迷いましたが、杉の木の

木目の表情がやわらかく、やさしいので杉にしました。

格子の間隔にも随分と迷いました。間隔を細かくすればより繊細で

きれいになるかな・・と思いつつ、そうすれば今度は大工さんの

手間がかかってコストアップになります。たどり着いた結果でこの

ような表情になりました。   よく雑誌とかに載っているオープンな

手すりはスッキリとしていいと思いましたが、これから孫が生まれ

て階段を上り下りするようになれば危険です。 安全が第一です。

格子の長さ、取り付け位置と初めての試みで試行錯誤でした。

お客様の家ではこんな実験はできません。

我が家で試して、・・これからは自信をもってお勧めできます。

170807齋藤修一様05

 

 

 

 

 

 

 

 

 

階段手摺に合わせて2階ホールの手すりも格子状に作りました。

170807齋藤修一様13