エムズ通信 Aimss Journal

屋根断熱工事

施工現場日誌

夏の熱遮を防ぐ大切な断熱工事です。

空気の力を利用し夏の熱遮を防ぎます。

170328齋藤修一様10

 

 

 

 

 

 

 

地面と屋根の上での温度差による上昇気流の発生により

壁、屋根と空気の流れる層を造って屋根のてっぺんから

熱を排出します。 夏、地面の温度は31度としたら屋根の

上は手では触れないほどに熱せられて70度も80度にも

なります。 空気は熱せられれば軽くなる性質があります。

そこで、この温度差により自然の上昇気流が発生します。

その自然の力を断熱のしくみとして生かしていきます。

その効果はたいしたものです。

冬場は地面も屋根の上も温度差があまりないので空気は

動かずに保温材の役割をしてくれます。

自然の力は延々です。

 

この隙間(30mm)の間を通っていきます。

170328齋藤修一様13

 

 

 

 

 

 

 

あさっては下り坂と言われていますが防水シートも敷けて

雨対策も万全にできそうです。

170328齋藤修一様03