エムズ通信 Aimss Journal

外壁工事中です。

施工現場日誌

外壁は塗り壁仕上げです。

壁材にはジョリパットを使います。

いろいろと施工例を見た中で一番きれいで

耐久性もあるかと思いおすすめしています。

塗り壁は左官工事で仕上げます。

一般に使われているサイディング材と違い

継目がないので外観が美しく見えます。

それと、サイディングであれば継目に

コーキングをします。このコーキングは

3・4年もすれば切れてきます。

10年ともなれば大変です。

この左官仕上げ、ジョリパット塗りに

すればコーキングはしますが、その

コーキングの上にジョリパット材を塗り

付けるのでコーキングが表面に出ること

がないので耐久性がずいぶん違うものと思います。

image

 

 

 

 

 

 

 

ただ、塗り壁仕上げの難点はひび割れが

発生したらその補修がむずかしく一部分

の補修であれば見苦く見えます。

そうした事態にならないように最善を尽くします。

下地材には一番安心と思われる材料(デラクリート)

を使っています。

デラクリート材の上に割れ止めメッシュを施し、

その上にセメント材を塗り下地を作っていきます。

 

image

 

 

 

 

 

 

 

この上に仕上げのジョリパットを塗ります。