エムズ通信 Aimss Journal

六角堂

施工現場日誌

大工さんの手刻みにより六角堂の骨組みが形づくられていきます。

木材に墨付けをしてのこぎり、のみを使って作業を進めています。

柱の加工はまだ先ですが、

161104%e6%b8%85%e6%b0%b4%e5%af%ba%e6%a7%9838

 

 

 

 

 

 

 

8角から16角、32角・・・と角を小さくして丸に近づけあとは

鑓鉋という特殊な鉋で丸く仕上げていきます。

161214%e6%b8%85%e6%b0%b4%e5%af%ba%e6%a7%9805

 

 

 

 

 

 

 

 

161214%e6%b8%85%e6%b0%b4%e5%af%ba%e6%a7%9801

 

 

 

 

 

 

 

彫刻師さんでは六角堂の化粧部材としての蟇股を製作 をしています。

蟇股・・・聞きなれない用語です。

社寺工事にはいろんな難しい用語がでてきます。

私もまず図面を書くのに始めたことは用途、用語の暗記です。

 

難しい造形。

糸鋸で形づくってあとは手作業、ノミで削っていきます。

この形もたくさんあり決定には迷いました。

 

161214%e6%b8%85%e6%b0%b4%e5%af%ba%e6%a7%9803

 

 

 

 

 

 

 

ひとつの芸術作品でしょうか。

161214%e6%b8%85%e6%b0%b4%e5%af%ba%e6%a7%9804