エムズ通信 Aimss Journal

ー快適な環境づくりー

施工現場日誌

セルロースファイバー断熱工事も完了し、外壁、造作工事と進んでいます。

セルローズ断熱+新鮮な空気の流れによる家づくりのしくみ

により機械にたよらない快適な室内環境を実現させます。

 室内も自然素材を使うことにより健康的で「深呼吸」の

出来るきれいな空気環境をつくります。

1

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

この桧柱の間にセルロースファイバー断熱材を入れます。

今、不織布を張って準備をしています。

この布はとても丈夫です。

断熱材を包むと共に密閉することなく空気も通います。

室内と外側に微妙な空気の出入りがあります。

 

無題

 

 

 

 

 

 

 

5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6

 

 

 

 

 

 

 

木質繊維のセルロースファイバーも湿度調整をしてくれます。

空気中の湿度に応じて水分を吸ったり吐いたりしています。

この吸放湿性が適度な湿度をもたらし、カビの発生、結露も防ぎます。

 

           カビ実験

7

 

 

 

 

 

 

 

       呼吸する家   湿度:65%

 

 

8

 

 

 

 

 

 

 

     ビニールクロスの家   湿度:76%

 

 

9

 

 

 

 

 

 

 

10

 

 

 

 

 

 

 

室内と建物の外周部とは微かな空気の行き来があります。

常に外周部を流れる空気に接しています。

新鮮な空気に触れる「木」も健康的、「森の木」から姿は変えども延々と生き続けます。