エムズ通信 Aimss Journal

計画停電における太陽光発電の使い方

エムズの日常
 こんにちは

今日も肌を刺すような暑さに、ついついしかめ面になってしまいます

さて先日、お客様からこんなご質問をいただきました

「太陽光発電を取り付けていても計画停電時には停電するの?」

勉強不足の私は、この質問にすぐにお答えすることができませんでした

モウシワケゴザイマセンさて、その真相は・・・

通常、家庭用の太陽光発電はパワーコンディショナー(パワコン)という装置を使って、

太陽光パネルで発電した直流電流を、家庭で使用できる交流電流に変換しています

しかし、このパワコンを動かすための電力は、電力会社から送られる系統電力

依存しているので、そのままでは計画停電時に、発電した電気は使えません

使用するためには、パワコンを自立運転モードに切り替えます

そして
家のブレーカーをオフにして、自立運転用ンセントに直接、電化製品の電源

コードを差し込みます


そうすることで1500Wまでの電気の使用が可能です

(機種や工事の形態によってはコンセントがない場合もありますので、お手持ちの

取扱説明書で確認するか、設置を担当した業者さんに聞いてくださいね

ちなみに発電量が1500Wあれば、テレビ視聴や携帯電話の充電は問題なし、

冷蔵庫、電気ポット、炊飯器、電子レンジはほぼ使え、掃除機や洗濯機も場合によっては

使えるそうです。エアコンや大容量オーブンレンジなどは難しいみたいですが・・・

(環境省が公開している資料に基づく)

ただ、太陽光発電は日中発電した電力を貯めておくことはできません

昼間、太陽の光を受けて発電しているときのみ、上記のことが可能です。

なので夜に計画停電が行われた場合、その機能を果たすことができないそうです。

以上、参考になれば嬉しいです

ぶっちゃけ、私は計画停電中であれ、夜であれ、太陽光発電を付けている家は

電気に困らないんだと思ってました