エムズ通信 Aimss Journal

和紙クロスvsビニールクロス

エムズの日常
エムズの「呼吸できる家」に欠かせないのが自然素材の和紙クロス。

和紙クロスは通気性・調湿性に優れ、破れにくくて丈夫です。

また、独特の暖かみのある素材感が空間に穏やかな雰囲気をもたらします。

さて先日、東京に出張されていた社長。グッドリビングショーに足を運ばれ、そこで和紙クロスと

ビニールクロスの通気性の実験を見てきたそうです。

「その実験の驚くべき結果をみんなにも見て欲しい」ということで、会社で再現してくださいました。

コップに濃い目のコーヒーを入れ、石膏ボードに和紙クロスを貼った物と、ビニールクロスを

貼った物をコップの上に置き、逆さにしたコップで蓋をします。

しばらく置くと・・・

和紙クロスvsビニールクロス

あらららら!!!!!

和紙クロスの方は蒸気を通し、コップが曇ってしまったのに、ビニールクロスの方は何とも

ありません。

これは和紙クロスが呼吸している証拠です。かなりの通気性!

そしてなんともなかったビニールクロス。気密性はありますが、良い空気も悪い空気も室内に

閉じ込めてしまう恐れがあります。

驚くべき結果がもう一つ。なんと和紙クロスの方はコーヒーの匂いも上がってきてました。

逆さにしたコップからコーヒーの匂いがプーン。

和紙クロスvsビニールクロス

空気や匂いは実際目で見えるものではありません。

「和紙クロスって通気性がいいんだよ」と言われても、本当に空気や匂いを通しているかなんて、

見えるものではありません。

だけど今回この実験を目の当たりにして、和紙クロスの良さを再確認しました。

住んでいる人だけでなく、家全体が呼吸をしていれば、家の中にはいつも新鮮な空気が溢れ、

心も身体も健康に過ごせると思います。