エムズ通信 Aimss Journal

雨の朝

社長 修ちゃん日記

今朝は早くから雨が降っています。

シトシトと降る雨に濡れる、アジサイの姿。

そろ~り、そろ~りとカタツムリさんもよく似合います。

今朝のトレーニングはゆっくりとランニングです。

ランニングの本に「ゆっくり走れば早くなる」というの

がありますがまさに、その”ゆっくり”を実践しています。

雨に濡れる、山の姿も味わい深いものがあります。

空気もとても新鮮です。

18060313

ウインドブレーカーを着こんでのランニングです。

雨は身体の中には通さないけれど身体の蒸れ、湿気は

外に出してくれます。なので走れ終えた後でも身体には

さほどベトベト感がありません。

家の中もこのようなさわやかな状態であればいいと思います。

湿度をコントロールしてくれるような、素材が持つ力。

自然の素材にはそんな力があります。

「木」は生きて、今の時期のように湿度が高ければ、部屋

の飽和状態になった余分な湿度を吸ってくれます。

冬、乾燥状態が続けば木の水分を出してくれます。

春夏秋冬、室内の状態に応じての調湿機能が木に備わ

っていることはよく言われています。

室内の内装材である珪藻土、和紙、杉板なども密閉する

ことなく空気を通します。

「呼吸する家」は室内を閉じ込めた空間にすることなく

ウイドブレーカーのように室内と室外とがかすかな空気

の行き来がある環境をつくります。

看護の世界で有名なフローレンス・ナイチンゲールが

患者さんにとって何をおいても大切なことに「室内を外

のように常に新鮮な空気で満たすこと。」と、170年前

に書かれ、今も看護のバイブルとなっているその著書

「看護覚え書き」の中に書かれています。

病室にとって大切なことが、住まいに実現できればす

ばらしいことだと思います。

エムズの「呼吸する家」はそんな家づくりを目指しています。