エムズ通信 Aimss Journal

街道をゆく 愛媛版

社長 修ちゃん日記
愛媛まで行くのにバスを利用しました。つい先日、司馬遼太郎の「街道を

行く」阿波路を読んだばかりの話しの内容が浮かんできます。司馬遼太郎が

淡路島を渡り鳴門に入り、勝瑞を経て藍住、脇町、三好までの、その土地の

風景を描いています。室町時代、戦国時代の話し、藍商の栄えた様子が今昔

のように浮かんできます。

徳島自動車道の流れる風景を見ながら「街道をゆく」が浮かんできます。

大きな吉野川がありながら、昔から北岸では農業用に使う水で困っていたとい

うこと、眼下に吉野川の流れる風景を見ながらまさに、と思うこの光景です。