エムズ通信 Aimss Journal

木の身になって・・

社長 修ちゃん日記

「植物の身になって」考える

(京都大学名誉教授、故・満田久輝教授

食料科学分野で文化勲章受章)の言葉より。

満田先生はクロレラの食糧化にいち早く取

り組まれ食料分野への功績が大きく、もし

食料分野にノーベル賞があったら、受賞間

違いなしと言われたそうです。

・・本の中に満田先生のこんな言葉を見つ

けました。

「人間はとかく勝手なもので、自分が利用

するために植物があるように思っているが、

研究というのは、その逆でなければいけない。

人間のほうがへりくだって、研究をさせて

もらうのだ」

この言葉を私が家づくりで利用している「木」

と置き換えることもできると思いました。

「人間はとかく勝手なもので、自分が利用

するために木材があるように思っているが、

家づくりというのは、その逆でなければいけない。

人間のほうがへりくだって、家づくりをさせて

もらうのだ」と、こう考えたときハッ!としました。

17060859

 

 

 

 

 

 

 

 

17060809

 

 

 

 

 

 

 

 

自然の側に立った、木の立場に立って考えて

家づくりの中でどんな環境でこの木を生かす

ことが一番喜ぶのか・・。ということを考え

た時に「木」の喜ぶ環境が生活の環境にも大

いに通じるものかと思います。これが木と共

に生きること、木のエネルギーをいただいて

家族が健康で幸せにつながる道にも感じます。

170808齋藤修一様03

 

 

 

 

 

 

 

170807齋藤修一様04