エムズ通信 Aimss Journal

日本の技術

社長 修ちゃん日記

六角堂の建築には大工さんの工事も家づくりとは違った特殊な

技術が必要です。昔から神社仏閣の専門の大工さんは宮大工と

呼ばれています。

家づくりでもそうですが大工さんの技術が発揮できる場が段々と

少なくなって結果、職人さん不足にもなっています。

六角堂の設計打ち合わせの最中、スタッフから「日本にはたくさん

の神社仏閣があるのに将来困るはな~」と言います。

まさに切実な問題です。

伊勢神宮は大昔から伝統、文化、技術の継承のために20年に一度、

「式年遷宮」をすると聞きますが、遥か1300年も前の先人達が

今の姿を見越していたのでしょうか。

そう思えば「木の家づくり」も日本の大切な文化。

森の国、日本。

山にはたくさんの良質な木がありその木を生かし木と共に生きる。

「木」の家が日本人、私たちの住まう環境に一番適しているものと思います。

160110鶴林寺07