エムズ通信 Aimss Journal

国家100年の計は教育にあり

社長 修ちゃん日記
 このブログでも何度も紹介させていただいている真鍋先生

真鍋先生は佐古小学校の校長先生をされていました。

退職後はネパール、タイなどで国際協力機構(JICA)のシニア海外ボランティアとして

ご活躍されています。

一昨年のタイでの国際貢献の経験を活かし、今回はカンボジアの教員養成大学校にて、理科の

教育アドバイザーとして、2年間指導に取り組まれます。

「国の発展は理数にあり」と真鍋先生は言われます。

日本も40年前は力を入れていたようですが、今は大学入試に向けてのペーパーテスト重視になり、

理論と実践が結びつかず、力にならないのが実情のようです。

未開の国カンボジアは「先進国に追いつかん」と今、教育に力を入れているようです。

『国家100年の計は教育にあり』と真鍋先生は仰います。

30年・・・40年後に、真鍋先生が指導した子供たちがカンボジア発展の一翼を担い、世界に

羽ばたいてゆくのでしょうか。

真鍋先生は国際貢献に自らの喜びも高め、その活動は国を変え、世界をも変える力に繋がって

いくのでしょう。

奥様もご一緒にカンボジアへ行き来するそうです。もう国際線は慣れたものです。