エムズ通信 Aimss Journal

今の想い

社長 修ちゃん日記
今、HPのリニューアルを進めています。


そんな中、今の私の想いを綴ってみました。




代表あいさつ


家づくりは生涯を通じての幸せづくりでもあります。



「無」からご家族の夢や想いを描いて「形」あるものに築きあげることが家づくり。


しかし、本当の家づくりは建物が完成してからが始まりだと思います。


家づくりの目的はご家族を幸せに導くこと。


この家が、喜びや悲しみ、そこから始まる家族の歴史を刻んでいきます。


この家でたくさんの幸せを築いていただきたいと願っています。


そして私たちは、ご縁・ご恩を大切に、いついつまでもお守りいたします。



正心誠意


平成5年5月28日の創業当初からの理念です。


「正しい心で誠をもって尽くしたい」、そんな理念で毎日の仕事に励んでいます。


私たちが取り組む家づくりは大きな建物です。


その中でも、お客様の目につかない、見えない部分が最も大切なところであり、予算も多くかかります。


いかなるときも私たちの基準は「正しい心」。


この言葉を胸に、お客様のかけがえのない家づくりのお手伝いをさせていただきます。



ご家族の健康を守りたい


私は徳島県立徳島工業高校(現・科学技術高校)を卒業して昭和50年に


大阪の中堅ゼネコン(株)大末建設に就職しました。


しかし父の後を続けたい一心で3年で退社し、父の仕事である左官業を手伝いながら


30歳で一級建築士に合格、それを機に建築業を始めました。


私が壁を塗っていた頃は「家は大工、左官屋、屋根屋があれば建つ」と言われるほどに、


家づくりに係わる業者さんも少なく、職人の技術を発揮できるところが多くありました。


今、ほとんどの内装でビニールクロスが使われていますが、その頃は塗り壁が主流でした。


合理化、能率化、効率化の中で現在の家は形づくられています。


時代と共に変わってきた家づくりの中で、落としてきたものがたくさんあると思います。


昔の家は土壁を塗って左官屋が塗り壁で仕上げていました。


化学物質などの言葉も聞きませんでした。


「ご家族にとって健康な家をつくりたい」との思いがますます高まります。


そんな思いで木の家「自然素材の呼吸する家」を建てさせていただいております。


手間がかかり予算も少し高くつきますが、家づくりの目的がご家族の生涯の幸せを築くことだとすれば、


健康を満たしてくれるような家づくりは最も大切なことだと思います。


家の中を閉ざさず「スポーツウェアのように汗を出し皮膚が呼吸できる」ような環境づくりを


目指しています。



森の環境を我が家へ・・


「日本の森を守りたい、徳島の木を生かしたい・・」との思いでエムズは国産材にこだわっています。


「海を豊かにするのは山を豊かにすることだ。」と聞きます。


海も山も繋がっています。環境を改善してくれるのも山の力です。


森には不思議な力があるといいます。


山で育った木が姿は変われども家づくりの中で生かされれば、我が家が森の中の環境だともいえます。


木は生きて呼吸しています。


「閉ざさない家づくり」は木の香りのする、やさしい森の空気で満たされています。



後世へ遺す遺産


環境問題は産業を問わず大きな課題です。


CO2の削減といわれていますが、今の家づくりは石油製品に囲まれたようなつくりになっています。


建築する時に環境に負荷のない家づくりをして、将来、子供たちがこの家を壊すときにもCO2などの


発生の少ない、環境にやさしい資材で建築していくことが、私たちが後世へ遺す安全な遺産だと


考えます。





エムズはもうじき23年目を迎えます。

これからも日々精進し、お客様のお役にたてれば・・・と思います。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。


 

 

お施主様からのお手紙やインタビューはこちら↓

施工例はこちら↓

Follow Us Instagram↓