エムズ通信 Aimss Journal

デラクリートセメント板が貼れました

社長 修ちゃん日記
新築施工中のS様邸。先日、外壁のデラクリートセメントボードが貼れました。

今日は、このデラクリートセメントボードについてのお話。。。家
セメントボードは可とう性(柔軟性があり折り曲げてもポキンと折れない性質)に優れた

組成構造になっています。

地震や台風などの外部応力による面内せん断力や歪みを


セメントボード内にマイクロクラック(ひび割れ)を発生させることで緩和させます。

このため、仕上げ塗装面のクラックの発生を、可能なかぎり抑制することができます。

マイクロクラックは下地のベースコート面まで発生するので
、塗り壁仕上げにするときに

一番の心配はクラックです。

 
家が出来上がるまでには、たくさんの材料が使われています。

その材料を決めるのは一つ一つが大きな決断。

外壁下地材は重要な材料です

外壁の仕上げ、塗り壁がきれい・・と採用しても、その下地材である材料が悪ければ

クラック、反りなどが発生して、長い年月の厳しい環境に耐えることができません。

では、安心の外壁材とは・・・

下地材を何にするかはとても迷います。

一般的には3尺×10尺のサイディングを使いますが、年数と共にクラックの

発生を見かけます。

あれこれと材料の検討をしたところ、この「デラクリートセメントボード」が

クラックの危険性が低いのではないかと思い、採用しています。



セメントにガラス繊維がサンドイッチされた状態になっています↓






《デラクリート》
1980年代初めに世界最大の石膏ボードメーカー、USG社(米国)により開発された、

無機軽量骨材入りポルトランドセメントモルタ
ルを芯材に、両面にガラス繊維ネットを

埋め込んで補強したセメント系ボードを基材とした外・内壁材システム。


日本では、1990年に国土交通省(旧建設省)が新素材、新材料の研究を推進するために

設置した「総合技術開発プロジェクト」において、物性、防火性、耐
水性、耐久性、

施工性などあらゆる角度から研究を行った結果、《デラクリート》は各種性能に優れた、

日本の気候風土や住環境に最適な新材料であるとの結論
を得ました。

また、
2000年に施行された「品確法」の住宅性能表示項目(関連項目)の

耐火・省エネルギー対策・劣化対策における最高等級の取得にも対応
できます。


 

 

 

お施主様からのお手紙やインタビューはこちら↓

施工例はこちら↓

Follow Us Instagram↓