エムズ通信 Aimss Journal

雨漏り調査

施工現場日誌
 先日、お客様よりご依頼いただき、雨漏り調査をさせていただきました

入念に調査

まず屋上。

雨漏り調査 雨漏り調査

防水層が亀の甲羅のようにひび割れて、防水の役割を果たせていないように見えます。

次にキッチン。

雨漏り調査 雨漏り調査 雨漏り調査  雨漏り調査 

雨戸レールの取付け金物の上に防水層を被せているために、大雨時、レールに溜まった雨が

ビスなどの隙間から侵入しています。

そして応接間。

雨漏り調査 雨漏り調査 雨漏り調査 雨漏り調査 

応接間上部の防水に穴が開き、そこから水が浸入。

水の侵入により防水層は膨らみ、押せばチャポンチャポン聞こえます。

最後に居間。

雨漏り調査 雨漏り調査 雨漏り調査 

居間上部のベランダの花壇が原因かと思われます。

花壇は常に水気があるために念入りな防水処理が必要です。


以上のことが、今回の調査で分かりました。

雨漏りは放っておくと、後々取り返しのつかないことになりかねません。

室内の湿気によるカビの発生→ダニの発生→ダニの糞→健康被害・・の連鎖があります。

早めの対処は病気でも同じかるいうちは少しの対処でいけますが、ほっておけば

手術も大きくなります。

気になっているところは、早め早めに対処することが大切ですね。