エムズ通信 Aimss Journal

落下にご注意!

施工現場日誌
今度、外壁補修工事をさせていただくI様邸。

外壁のコンクリートが高い位置から落下してくるそうです。

どうやら原因は壁の中の鉄筋のサビ。

コンクリ落下!

通常、壁の中の鉄筋が、適切な厚みのコンクリートでうまくサンドウィッチされていれば

60年でも100年でも鉄筋は良好な状態で保てます。

この厚みが4~5センチ欲しいところですが、I様邸では1~2センチでした。

これではキワすぎて、鉄筋が湿気て錆びてしまいます。

鉄筋が錆びることで膨張し、周囲のコンクリートを押し上げ亀裂が入り、結果、割れてしまった

のでしょう。

割れてしまったコンクリートは、そこに留まる事ができずに、落下してしまいます。

大変危険です。

コンクリ落下!


I様邸は国道縁なので、そこを歩いている人や、物に当たっては大変!!と、今回、工事に

踏み切られたようです。

コンクリ落下!

これ以上、壁が割れてしまうことがないように、最善の補修工事をさせていただきます。










 

お施主様からのお手紙やインタビューはこちら↓

施工例はこちら↓

Follow Us Instagram↓