エムズ通信 Aimss Journal

「自然素材の呼吸する家」3ケ月点検!

施工現場日誌

美馬市脇町O様邸

今日は、現場監督と二人でお引渡しをして3ケ月になるO様邸の点検に行きました。

会社から1時間少し、行く道中にも車の中で「以前はよく通ったな~」と

話をしながらでした。 丁度、一年前の地鎮祭にはO様宅から向こうに

見える剣山は白く雪化粧していました。 今年は雪が見えません。

点検は新築お引き渡し後、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年、2年、・・・・毎年

と点検スケジュールを組ませていただいております。

点検の一番のポイントはお客様が日頃、目にできない部分です。

床下は一番重要なところです。

・基礎のチェックポイントはひび割れ、亀裂はないか (構造・耐震性)

・土台は家を支える大切な役割があります。

 シロアリ被害などがあれば取り返しがつきません。

・水廻りはもし、漏水などがあればそのシロアリを誘因することになります。

 今まで一度だけ、17年前に床下の排水部分からちょろっと水漏れがありました。

 早期発見、早期対処が何より大切とその時痛感しました。

 以後も床下に入るのは大変ですが、重要な点検だと心得ています。

 

 16011401

 

 

 

 

 

 

 

16011402

 

 

 

 

 

 

 

束の緩みはないか一本一本チェックしていきます。

O様の3ヶ月点検では一カ所珪藻土壁のひび割れがあったので

左官屋さんに修理依頼をして直させていただきます。

その他は変わりありませんでしたと報告できました。

 

暖冬とはいえ寒い毎日、奥様に住まい心地を聞きしました。

奥様: 今まで暖房といえば朝、エアコンを少し動かすだけです。

     昼は窓から日差しが入り込めばポカポカです。

     気になることといえばベランダの隅にたまる枯葉です。

     ・・・と言われます。 O様の家周りは自然がいっぱいの環境

     冬場は仕方ないので時々拾って下さいとお伝えしました。

家庭菜園、花壇もにぎやかです。

フリージアの葉がニョキ・ニョキとたくさんです。

「春が楽しみ」と奥様。 そのお母様の横で真南衣ちゃんもニコニコです。

 160114小川哲司様58