エムズ通信 Aimss Journal

自然素材の呼吸する家!

施工現場日誌

S様邸新築工事家
今、外壁の下地工事をしています。
それと共にセルロース断熱材の吹き込みの準備もしています。
セルロース断熱材は壁、柱の間に入れていきます。
断熱性、防音性、調湿性に優れています。
それとセルロース(木質繊維)なので環境にも
体にも、
とても優しい断熱材です。

遠い将来に家の役割が終わって解体するときにも環境へ
の弊害はありません。

 
室内側、外側を不織布という丈夫な布で囲います。
この中にセルロースをいっぱいに入れていきます。
不織布は空気も通します。また、セルロースは断熱性
もありながら微かな空気の
行き来もしますので室内に
おいて密閉状態にはなりません。

 
よく言われている高断熱・高気密住宅というのは、
断熱性を高めるために石油系の断熱材
で密閉住宅に
してしまっています。

そうなれば、室内の生活の中で発生した汚れた空気は
室内にこもったままになります。

そうした室内環境の悪化をなくすために国が24時間
計画的に換気しましょう。

・・・という換気扇の設置が義務化されました。
 
室内に換気扇を付け、24時間まわりっ放しにしなけ
ればいけないようになりま
した。機械に頼る換気方法です。
 
密閉住宅の弊害はとても怖いものがあると思います。
 
今の家づくりは80~90%近くが新建材の石油系の
商品・接着剤で出来ています。

 
住宅は何十年も死ぬまで一生生活をする場であります。
 
恐ろしいのは気にならない中で長年生活をしている
ことだと思います。

 
私はそんな環境をつくらないためにも「自然素材の呼吸できる家」
をお届けしています。









新築・リフォームはエムズにお任せ! http://www.aimssinc.co.jp/


『お客様の声』はこちら http://www.aimssinc.co.jp/interview/index.html



 

 

お施主様からのお手紙やインタビューはこちら↓

施工例はこちら↓

Follow Us Instagram↓