エムズ通信 Aimss Journal

自然と共に

施工現場日誌

U様の大規模リフォームも終盤を迎えています。

珪藻土塗り壁、和紙クロス張り、玄関では御影

石張りをしています。

IMG_6032

 

 

 

 

 

 

 

 

 

珪藻土塗り壁の下地工事です。仕上げ壁にひび割れ

が出ないようにジョイント部分を埋めていきます。

そしてメッシュシートを貼ってひび割れを防ぎます。

この割れ防止処理したプラスターボードの上に下地

塗り、中塗り、そして上塗りの珪藻土を塗って仕上

げます。仕上げまで何回も工程があります。

手間をかけた分仕上がりもきれいで、あとのトラブ

ルも防げます。また、塗り厚がある分、珪藻土効果も

大きく期待できます。珪藻土に近い材料で「1回塗り

で仕上がります。」などと言われているものもあります。

簡単、便利、ローコスト。でも家族がその部屋で長く

安心して暮らしていく環境には無理があると思います。

丁寧に手間をかけた分、家族の生活を長く、豊かに保

ってくれるものだと思います。

珪藻土は今は見かけなくなりましたが、七輪と言われ

るコンパクトな調理用の炉の材料として使われています。

(今の時期、炭火でサンマなどを焼けば最高です。)

軽量で耐火性に優れ、保温性、吸湿性も抜群です。

この珪藻土と言われる土自体には固まる要素があり

ません。なので、建築材料の塗り壁として使うには

接着成分を加える必要があります。そのために各

メーカはいろんな工夫をしています。珪藻土塗り壁

と言えば自然素材の健康材料と言われていますが、

この接着成分が何か、含有量によって変わってきます。

コストが安く、塗りやすくするほどに自然とはかけ

離れたものになってきます。

 

和紙クロスを張っています。

ビニールクロス張りとちがって施工は難しいです。

IMG_6033

 

 

 

 

 

 

 

 

 

玄関には御影石を張っています。

IMG_6031