エムズ通信 Aimss Journal

収納庫は桐板で。

施工現場日誌

納戸、収納庫などは建物の中での配置も北側、風の

通りにくい場所になりがちです。

そんな環境の中ではこれからの寒い冬場に結露が

発生しやすくなります。

結露は外気温と室内の温度差によって空気中に含ま

れている水分が壁など接する面で水滴となります。

氷を入れたコップの外側にいっぱいの水滴が付いている

あの状態です。 室内の窓でもよく見かけられますが、部

屋の見える部分であれば見つけて拭き取ることができ

ますが、納戸、クローゼットなど物、服などを入れて見え

なくなれば対処できません。とくにタンスの裏側など引越し

の時に動かしてみればカビだらけ・・という話はよく聞きます。

壁、天井にビニールクロスを貼っていれば最悪です。

空気の淀み、温度差によって結露の発生のもとになります。

結露は万病の元とか言われます。

結露の発生によりカビの発生→そのカビを食べにダニが発生

→そのダニが糞をする→その糞が室内に飛散し→人が吸う。

このことがアレルギー性喘息、鼻炎、アトピーなどの皮膚病

などの怖い病気のもとになります。

昔の家は隙間だらけの家で風通しが良かったのでこんな心配

も少なかったと思いますが、最近の家づくりはビニールクロス

で囲まれ密閉住宅になっています。結果、換気が十分でない

のでいろんな弊害が出てきます。

エムズの木の家「呼吸する家」では人の皮膚呼吸と同じよう

に家のまわりでかすかな空気の移動、呼吸ができるような

家づくりです。そのために自然素材を使います。

収納、クローゼットの中は桐板を張ります。

「桐」は昔から衣類の収納には最高の材料と言われています。

湿気防止、防虫作用があるなど衣類をやさしく守ってくれます。

桐箪笥と言われ最高級品として大切にされてきました。

image

 

 

 

 

 

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

棚には空気が通りやすくなるように隙間を設けています。

棚板の素材は杉板です。

image