エムズ通信 Aimss Journal

「自然素材の呼吸する家」の上棟

施工現場日誌

南矢三町にて今日、棟上げをしました。

朝からお天気にも恵まれて木組みも順調に

進みました。

柱は桧、梁は杉。

生まれ育った山の姿からは形が変わりました

が木はこれからも延々に生き続けていきます。

法隆寺の西塔再建の時の有名な話があります。

屋根を形作っている垂木が屋根瓦をはずした

とたん、曲がっていたものがピンッと上には

ねたと言われます。1200年も経った木で

もまだ生きている。と聞きました。

これからも末永くO様邸の家を守り、ご家族の

健康を守り、ご家族と共に生き続けていくこ

とと思います。

木にはたくさんのエネルギーが秘められている

と言われています。

 

「木の身に立った家づくり」

利用するための木材、ということでなく、その

逆の発想です。木の立場に立って考える。

いかようにすればこの木が活き活きと心地よく

生きていけるのだろうか。

家づくりの中で木が元気に生きていける環境を

つくること。

お料理の中でも素材を生かすとか、素材に聞け

とか聞いたことがありますが素材を生かすこと

が結果、私たち人間も活かされていく。

「木」にいい環境はきっと私たち人間にもやさ

しい環境になるはずです。そして「木」の秘め

たるパワーの恩恵に与れることと思います。

「呼吸する家」はそんな環境をつくります。

171117小川卓志様32

 

 

 

 

 

 

 

171117小川卓志様35

 

 

 

 

 

 

 

171119小川卓志様6

 

 

 

 

 

 

 

171119小川卓志様5

 

 

 

 

 

 

 

171119小川卓志様3

 

 

 

 

 

 

 

171119小川卓志様2

 

 

 

 

 

 

 

171119小川卓志様1

 

 

 

 

 

 

 

171119小川卓志様4