エムズ通信 Aimss Journal

窓の結露

エムズの日常

こんにちわ、スタッフの吉田です。

最近、毎日窓の結露に悩まされています。。。

窓の結露のイラスト


毎朝起きると、、

 

この通り。
リビングの掃き出し窓がすごい結露です。

 


水が滴り落ちます。。

雑巾で拭いて、たまにパッキンにもカビキラーもしていますが毎朝忙しい時間にするのはまぁ面倒!

カーテンも湿っています(T_T)


我が家の賃貸マンションは築15年、サッシは普通の一枚ガラスのアルミサッシ。

昔はこれが普通でした。

夜は暖房もつけていないのに、こんなに結露するなんて!


曇り止めになる洗剤を塗ってみたり、いろんな対策も試みましたが、どれもほとんど効果なし。

実は同じベランダに面している勝手口はというと、

 



この通り、結露していないんです!

その違いは、このカーテンです。



これはリビングにつけている遮光カーテン。

一方、勝手口にはカーテンをつけていないので、

湿気が篭らず、部屋の暖かい温度がガラスに伝わりやすいので結露しないんですね〜。

カーテンでこんなに変わるなんて不思議!

だけどリビングのカーテンをつけないわけにはいかないし。

毎朝、せっせと拭き取るしかないのです、、、。

 

カーテンが湿気でカビが生えたりすることも。

 

細菌・ばい菌のイラスト「悪い顔のキャラクター」

カーテンのカビを防止するためには、防水・防カビのレースカーテンがおすすめです!

普通のカーテンと窓の間にその防水・防カビのレースカーテンを敷けば、

室内側のカーテンが湿気ません。

でも結局、根本的な結露の解消にはならないんですよね(-_-;)

 

結露防止には、室内温度の調整やサッシの立て付けも関係ありますが、

一番はガラスを交換すること。


室内の温度に1番影響を与えるのがこの窓サッシです。

断熱材、気密性、加えて換気のしやすさ、メンテナンスのしやすさも大切です。


外壁や玄関にこだわりがちだけど、窓こそ1番お金をかけないといけない場所ですね。

いつか家を建てる時は、窓にはしっかりこだわって計画したいと思いました。

エムズの窓は全てペアガラス。羨ましいです(^^)

 

お施主様からのお手紙やインタビューはこちら↓

施工例はこちら↓

Follow Us Instagram↓