エムズ通信 Aimss Journal

生(き)醤油と生(なま)醤油

エムズの日常

こんにちは!吉田です。

お天気のいい日が続きますね(^O^)

この前、スタッフの皆で好きな醤油の話題になりました。

みなさんこだわりがあったり、知らないお醤油の名前があがったりで盛り上がりました。

私が好きなお醤油は、鎌田の醤油なんですが、ポン酢からうどん専用のお醤油まであって

種類が豊富なんです。どれも美味くてずっとリピートしています(^^♪

 

 

そういえば、生醤油って聞いたことありますよね。

き醤油?・・なま醤油?・・

数年前にうどん屋さんで「生醤油うどんって、き醤油って読むんだ~!」と知ったものの、

CMではかわいい女優さんが「なま醤油!」って言ってるんです。

 

 

これはキッコーマンのなま醤油。

何の違いでしょうか。

地方の読み方なのかな~?と気になり調べてみました。

 

●生(キ)醤油

火入れして微生物の働きを失活させ、その後何も加えないしょうゆ。

アルコールや保存料を加えたら、き醤油とは言えない。

火入れしてるので、香りも豊か。

だそうです。その後何も加えないのが自然で嬉しいですね。

 

●生(なま)醤油

微生物をろ過してボトリングしたお醤油の事です。

火入れをしていないので、香りや風味が穏やかだそうです。


お刺身等でもとても美味しくいただけますが、少し加熱する料理に「香りづけ」

ように使用すると、ブワッと香りが立ってくるそうでお勧めです(^^)

 

火入れしているか、していないかの違いなんですね~!

それによって香りも違うんですね。

 

 

今晩の肴にも使っています。

シラス大根おろしにタラーっと垂らしたり

 

大好きなしめ鯖は、

生姜醤油にしていただきました。

 

 

子供たちもこのだし醤油はまろやかで甘みがあるので、大好きです(*^^*)

海外に行くならまずこの醤油を持っていきますね!

牡蠣醤油や卵かけごはん専用の醤油もあったり。

色々試してみたくなってきました(^O^)

 

 

お施主様からのお手紙やインタビューはこちら↓

施工例はこちら↓

Follow Us Instagram↓