エムズ通信 Aimss Journal

エムズがおススメする無垢材の種類と特徴

エムズの日常

こんにちは!スタッフの桑村です。

新学期が始まって「日常」が戻ってきました。

おかえり!日常!心待ちにしていたよ!!

 

先日、大工さんにこんなものを作ってもらいました。

無垢床踏み比べ(仮)。

パイン・西南桜・メープル・杉の無垢材を実際に踏んで、質感や足触りを確かめていただける

「体感型無垢材」です。

無垢材とは、加工や塗装をせず、木そのものを板や角材などに製材したもののことをいいます。

木材本来の質感を味わえ、経年美を楽しめることも魅力です。

 

一口に無垢材といっても種類は豊富。

その中でも、エムズではパイン・西南桜・メープル・杉をおすすめすることが多いです。

では、それぞれの特徴をみてみましょ~!!

 

◎パイン◎

明るい自然な色合いに、表情豊かな木目が素敵なパイン。

カントリー調の、のどかな雰囲気のお部屋にぴったりです。

踏み心地は柔らかく、時間の経過とともにあめ色に変化し、独特の深みが出てくる素材です。

◎西南桜◎

ほんのりピンクがかったやわらかい表情が魅力の西南桜。

光の当たり方で表情がコロコロ変わり、いつまでも楽しませてくれます。そして溢れ出す高級感!

硬すぎず、柔らかすぎないバランス型で、緩やかに色が深みを帯びていく素材です。

◎メープル◎

白っぽい色味ときめ細かい木目が爽やかな印象のメープル。

サラサラツルツルで肌触りがよく、その名の通りメープルシロップが採れる木が原料なので

ほんの~り甘い香りがするもの特徴です。

さらにボーリング場のレーンに使われることがあるほど確かな強度をもった素材です。

◎杉◎

少し赤みのある色合いと節が個性的な杉。

古くから様々な場面で活用されていて、日本人にとって馴染み深い存在です。

独特の爽やかな香りがし、和風住宅との相性は抜群!!

「赤ちゃんがハイハイするのにも負担がかからない」といわれるほど柔らかい素材です。

以上、エムズがおすすめする無垢材をご紹介しました。どれがお好みですか?

 

さて、床決めの際に必ず聞かれる質問、それは

「無垢の床のお手入れってどんなことしたらいいんですか?」

 

そうですよね、「何か、、、特別なお手入れが、、、?」ってちょっと心配になりますよね。

「床に水分を放置しない」この鉄則さえ守ればいつも通りで大丈夫です。

掃除機をかけたり、さっと乾拭きで十分。

浅いキズや表面的な汚れであればサンドペーパーで擦ってワックスで仕上げれば大体

元通りになります。

逆に複合フローリングのキズの補修の方が厄介です。

ちなみにワックスは「未晒し蜜ロウワックス」がおすすめですよ~。

「赤ちゃんが舐めても大丈夫」なくらい安心・安全、100%天然成分です。

あとは、このワックスで年に1~2回、無垢床全体をワックスがけすれば、水はじきが良くなり、

驚くほど木本来のツヤが戻ります。

 

正直、無垢フローリングは複合フローリングに比べるとキズが付きやすいです。

だけど、それを覆してしまうほどの温かさややさしさが無垢にはあります

キズも時と共に懐かしい思い出に変わります。

そして何より、家族と共に過ごし経年変化した無垢に湧く愛着はひとしおです。

 

自分好みの床材を選ぶ事ができるのも注文住宅だからできること。

一生に一度の家づくり、妥協せずに納得のいくものを選んでくださいね。

 

#無垢材
#無垢フローリング

 

お施主様からのお手紙やインタビューはこちら↓

施工例はこちら↓

Follow Us Instagram↓