エムズ通信 Aimss Journal

経年変化を楽しめる木の家でリラックスできる毎日を

エムズの日常

こんにちは!スタッフの桑村です。

新しくオープンした「道の駅板野」に行ってきました。

美味しそうな野菜や果物、鮮魚、お肉、お惣菜、デザート、お土産用特産品、飲食店、

なんでもあって小一時間ほど楽しめました~♪

 

先日、築10年目を迎えたお宅へ定期点検に伺ってきました。

新築当時は白っぽく明るさを帯びていたパインの無垢フローリングが

10年の歳月を経て、いい感じのツヤを出し、落ち着いた色味に変化していました。

こうして年月とともに素材が変化していくことを「経年変化」といいます。

無垢材の場合は「経変美化」かな?

時間が経つほどに、ご家族の歴史を刻んだ「価値」と愛着を持ってお手入れされた「美しさ」が

増していくのが無垢材の良さであり、魅力です。

なぜ、このような変化をしていくかというと、木材に含まれる成分が紫外線などを吸収し分解、変性

していくためです。

この変化は樹種によって様々。

あめ色になるもの、深みが増すもの、濃くなるもの、薄くなるもの 。

しかし、この紫外線が影響する範囲は木の表面にとどまります。

なので表面を削れば、最初の色が戻ってきます。

新建材の表面を削れば老化の一途ですが、無垢材は若返るんですね。

だけど先述したように、これは歳月を重ねたからこその経年美。

木の家でしか味わうことのできない贅沢。若返らせる必要はなさそうです。

そしてもう一つ印象的だったのが、10年も経っても変わらない木の香り。

「普段は慣れてしまって、それほど感じないけれど、2~3日家を空けて帰宅するとまだまだ木の

 香りがする」とお施主様。

この香りの正体はフィトンチッドという天然成分。

森林浴で心も身体もリラックスできるのは、このフィトンチッドの効果。

木はカタチを変えても生きているので、フィトンチッドを放出し続けます。

つまり、おうちに居ながら森林浴しているのと同じ状態。

だから木のおうちで過ごす時間は、癒しの空気に包まれて、なんだかホッと落ち着くんですね

新築に引っ越したばかりでも、もうずっとそこに住んでいたかのような馴染み感があるんです。」

そうおっしゃってくださったお施主様もいらっしゃいました。

子供の頃、自然の中で遊んだ心地良さが、木のおうちの心地良さとリンクしたのかも

しれませんね。

 

家族の絆を育みながら、豊かな時間を育みながら、経年美も育む。

木のおうちには、木のおうちでしか味わえない時間と価値があります。

 

お施主様からのお手紙やインタビューはこちら↓

施工例はこちら↓

Follow Us Instagram↓