エムズ通信 Aimss Journal

省エネ住宅の供給促進

社長 修ちゃん日記
「省エネ基準」への適合の義務化が2020年に始まる。と 数年前より国交省から公表されていましたが、今日、日経の 記事には省エネ基準の義務化は見送る方針と出ています。 その理由は住宅の省エネ適合率の低さや業界の準備不足。 実施は20年以降になる見通し。 そもそも、「省エネ基準」の義務化の背景は・・ 資源エネルギー庁によれば、住宅・建築物部門のエネルギー 消費量は日本の全エネルギー消費量の3割以上を占めています。 しかも、1990年から2011年までの20年あまりで、約33%(住宅部門 のみでは約25%)も増加しているという状況があります。同期間で、 住宅部門の二酸化炭素排出量は48.1%増えたとのデータもあります。 そのため住宅・建築物部門における早急な対策が必要とされ、2020年 の省エネ基準の義務化はそれを受けてのものとなっています。 環境保護と共に貴重な資源を有効に使うためにもハイレベルな 省エネ住宅への取り組みは大切なことです。 エムズではゼロ・エネルギーハウス(ZEH)への取り組みも万全です。