エムズ通信 Aimss Journal

焼却場がランドマークに

社長 修ちゃん日記

大阪のユニバーサル・スタジオの近くにある

にぎやかに彩られた建物、2001年に建築され

はじめは何かな?と不思議な建物でした。

ゴミ焼却施設と知ってからはハイカラやな、

程度にしか思っていませんでした。

今日の新聞を見てその設計思想の奥深さに

感銘を受けました。

設計者は”フンデルトブァッサー”

その原型はオーストリアのウィーンのゴミ

焼却場、シュピッテラウ焼却場。

「環境への配慮」とは単に自然環境を意味す

るものではないという。

フンデルトヴァッサーは「醜い工場は視覚的

公害であり、人間の魂を憂鬱にする」と語っ

ている。

 

 

お施主様からのお手紙やインタビューはこちら↓

施工例はこちら↓

Follow Us Instagram↓