エムズ通信 Aimss Journal

株式会社エムズ19年の歩み

社長 修ちゃん日記
 お客様に支えられて、たくさんの皆様に支えられたお陰で今こうして19年

を迎えることができました。19年前の創業にあたっては不安の中での出発

でした。私の父が左官業をしていてその後を引き継ぎ建築を始めました。

21歳から父と一緒に左官を始めました。小学校5年の時に父の跡を継いで

建築会社の社長になりたい・・と、漠然としてですが夢を描き始めました。

丁度、その頃テレビで日本の超高速ビルの幕開け「霞が関ビル」の建設風景

を見て感動したことを今も思い出します。

大阪の建設会社に就職して3年で退社。徳島に帰り21歳から父と一緒 

に左官を始めました。初めて父と一緒に仕事に出る朝の地下足袋を履いた

感触は何とも言えないものがありました。少し恥ずかしいような照れくさ

いような・・左官の仕事は多々ありますが一番代表的なのは鏝で壁を塗る

動作です。初めて現場に出た日、父に「こうするんぞ・・」と教えてもら

って右手で鏝をもって左手で鏝板という盤にセメントなどの材料をのせます。

それを右手の鏝にうまいことのせて壁に塗りつけます。「やってみ・・」。

と言われ見まねでしますがうまくいきません。ニヤッ・・と苦笑いしながら

父と一緒に現場で仕事をした日のことを今も思い出します。

その父も昨年他界しました。30歳まで左官業を父と一緒にしました。

30歳で一級建築士に合格したのを機会に地下足袋を脱いで、家の修繕・

改装などの仕事をさせていただきながら建築の元請を始めました。

それから5年して有限会社エムズを設立しました。平成5年5月28日

創立。会社創立とは名ばかりで仕事がなく父の左官でのお得意様にお願い

に上がったり図書館通いの毎日でした。30歳で結婚し妻も一緒に仕事を

手伝ってくれました。でも、出産、育児に大忙し仕事は暇なので丁度よっ

かった(?)のでしょうか・・子供の寝顔を見るたび・・・大丈夫かいな。

との不安と表裏でした。

創業時には「会社が続いていくかいな・・」と存続が一番気がかりでした。

お陰様で1年、また1年とお客様に支えられてこうして19年を迎える

ことができました。

今も、私の会社経営の一番の願い事は「会社を存続させること」です。

お世話になったお客様の家を守り続ける事が私の責任です。

今、19歳青春まっただ中。来年は20歳を迎えます。

これからも一層お客様の喜びを満たせるような家づくりに励んで

いきたいと思っております。

これからもよろしくお願い致します。

記念撮影

 

お施主様からのお手紙やインタビューはこちら↓

施工例はこちら↓

Follow Us Instagram↓