エムズ通信 Aimss Journal

「商品」と「経年美」

社長 修ちゃん日記

工業化社会は、基本的に、商品の世界です。

商品は、出来立てが一番素晴らしいし、新品

が最高だし、時間が経てば経つほど、どんど

ん劣化していく。それが商品という存在です

しかし、これからの人間は、歳をとるほどに

よくなるという生き方をするでしょう。

「経年美」

自然素材は劣化していく美しさがある。

これは快・不快の問題ではなく、「木は傷が

できたことで、より良くなった」と考える。

時間が経つほどに味わい深さが増していく。

 

徳島の山で育った杉の木。

ところが変わり、姿は変われどもこの場所で

これからご家族とともに延々と生き続けます

 

お施主様からのお手紙やインタビューはこちら↓

施工例はこちら↓

Follow Us Instagram↓