エムズ通信 Aimss Journal

新鮮な空気

社長 修ちゃん日記

「呼吸する家」には建物の外周部に新鮮な

空気が流れる仕組みをしています。

新鮮な空気は地面近くの基礎部分より入って

きます。

その空気は壁に沿って上の方に向かって流れ

ていきます。屋根に向かいます。

この壁と室内とは微かな空気の動きがあります。

「呼吸する家」の大切なことです。

壁を伝った空気は屋根に向かいます。

ここから、屋根の頂上にある排出口に向か

って流れていきます。

夏、屋根が熱せられればこの通気層の空気は

軽くなり、自然と空気の動きが生まれます。

基礎から屋根に向かって流れる上昇気流です。

夏、熱く熱せられた屋根、壁の中にある空気

は屋根頂上に設けた排出口より出ていきます。

機械に頼らない自然の仕組みです。

 

お施主様からのお手紙やインタビューはこちら↓

施工例はこちら↓

Follow Us Instagram↓