エムズ通信 Aimss Journal

夏の朝、あさがお

社長 修ちゃん日記

日中は猛暑の中でも朝のすがすがしさは格別です。

「あさがお」を描いてみました。

小学生の頃、夏休みの絵日記に書いたことは歳を重ねても新鮮な思い出です。

夏の風物詩。

家の前に打ち水、蔦を絡ませ清楚に咲く朝顔が厳しい暑さも癒してくれます。

 

日曜日の朝はゆるやかな時間の流れ。

「こんな日曜日が待ち遠しい」

今日の特集は”パイリダエーザ” 中庭という楽園。

今、中庭のある家が注目されている。

建物や塀で囲い、敷地の外と遮断することでプライバシーを保ちながら、

屋外の豊かな自然を取り入れる。

「パイリダエーザ」とは古代ペルシャが発祥の地。

紀元前から洗練された中庭文化を持ち、壁で囲った庭園を「パイリダエーザ」と呼び、

これがパラダイス=楽園の言語となった。

緑あふれる私だけの空間

自分たちだけの快適な楽園を体現する中庭。

ただし・・ 建築家の中村氏曰く。

「現代の中庭は、全く外界から隔絶した空間ではいけない、建築が外の世界は

信用できないと表明してはいけない」

「外の世界の気配をゆるやかに感じつつ、自分の理想世界に広がりをもたせる

ような空間が求められているのではないか」

 

お施主様からのお手紙やインタビューはこちら↓

施工例はこちら↓

Follow Us Instagram↓