エムズ通信 Aimss Journal

住まい100年の歴史

社長 修ちゃん日記
 大正時代初期に建築された家のリフォームをしています。築100年。

家がそれだけ長く続くのもたいしたものですが、家族が代々続いていくこともすごいことだと

思います。

我が家では長男が齋藤家を守ってくれるのだろうか・・と・・・ただ願うばかり。

100年前にこれだけの家を建てる経済力もたいしたものだと思います。

大黒柱は太い欅を使っています。柱は檜、梁は地松、構造材は今もガッチリしています。

床をめくれば石の上に柱を載せています。

昔の家には基礎はありませんが今もこうしてしっかりと建っています。

100年のうちには大きな地震もあったこと思いますが・・

今の耐震基準であればこのような家は建築できません。

でも、この家には100年間、自然の厳しい環境の中で耐えてきたという実績があります。

この徳島の風土に合った家づくりの中で、現在の家づくりの中でも生かせることは多々あります。

改善すべきところは見直して、よりよい家づくりに反映できればと思いました。