エムズ通信 Aimss Journal

人の呼吸、家の呼吸

社長 修ちゃん日記
今日は大阪で勉強会です。

大阪までの車中2時間30分は丁度いい読書の時間です。

「超健康になる顔もみ療法」を読んでいたら、呼吸の大切さについて書かれていた部分がありました。

105歳まで現役で生きた塩谷信男医師の著書の中に

『「現代人は、息はしているが、呼吸をしていない」と私は考えています。

現代人の呼吸は非常に浅く、表面的であるため、みんな慢性的な酸欠状態に陥っている。

そのため、いつも軽度の高山病にかかっているような状態にあると思うのです。』と書かれています。

こうして作られる体内の酸欠状態は、ガンや多くの難病を生み出す要因の一つになっていると

考えられると言われます。

人や動物たちの生命体は、エネルギーを使って生命を維持しています。

そのエネルギーを作るのに必要なのが酸素です。

「ガンは低酸素の状況で成長する」ということが、80年以上も前の1931年にノーベル賞を

受賞したドイツの生化学者オットーワーブルグが発表しています。

このような酸素の大切さを見るにつけ、人の体もそうですが、呼吸する家の大切さを実感します。

家の中の環境は、生活する人の健康にも大きな影響を及ぼします。

今のような真夏の厳しい暑さの時などは、家を閉め切ってエアコンに頼っています。

そんな時に、石油製品に囲まれ密閉された部屋の中の環境は想像に難しくありません。

ビニールクロスで覆われた部屋では、人の吐く息・生活から出る汚れた空気で室内の空気は汚れ、

きれいな酸素は少なくなり、二酸化炭素が多くなってきます。

自然と酸素不足の状態になってきます。

塩谷先生が言われている浅い呼吸による酸素不足と同じようなものでしょうか。

エムズの「呼吸する家」は、言われている閉め切った家の中でも家全体が呼吸しているので

常に新鮮な空気に満たされています。

そして密閉していないので、構造材であるヒノキ・杉の木も生かされて呼吸ができます。

森の再現です。

家の中にいながら森林浴気分が味わえます。

木が呼吸する中で吐き出す成分には「動物が心地よく快適に生きるための力」がたくさん含まれて

いると言います。

「自然素材」と「呼吸できること」が家づくりでは何より大切なことだと改めて感じます。

いつまでも家族が健康で幸せに満たされるような家づくりに取り組んでいかなければ・・・

と思います。

・・・車中、本を読みながらふと感じたことです。









新築・リフォームはエムズにお任せ! http://www.aimssinc.co.jp/
『お客様の声』はこちら http://www.aimssinc.co.jp/interview/index.html




 

お施主様からのお手紙やインタビューはこちら↓

施工例はこちら↓

Follow Us Instagram↓