エムズ通信 Aimss Journal

こんなになるとは。

社長 修ちゃん日記

会社の改装中に発見。

外壁はサイディング張りでした。

サイディングが傷んでコーキングが切れたり

塗装の剥離が目立ってきたので外壁の張替え

をします。次はデラクリート板を張り、その

上にジョリパッド仕上げにします。

表面的にはコーキングレスなので防水の心配

も少なくなります。

 

サイディングをめくってビックリ!

内側に張っている防湿シートがかなり傷んで

います。

1999年に増築工事をした時のものです。

21年でこんなになるなんて、驚きです。

防湿シートは外壁から雨水が内部に入ったと

きに防ぐ役割をしています。

でも、こんなになれば十分ではありません。

 

今でも当たり前のように信頼して使ってい

ますが考えものです。

このようなシートに頼らなくてもいいような

工事にしなければと思うことです。

 

この部分は表面のサイディングの継手が切れ

ていたので雨水の侵入になり特にひどい状態

です。木も腐っています。

サイディングのコーキング目地の切れている

ことをそのままにしている家は多くあります

エムズでもそうでした。その結果が・・・

修理を先延ばしにすれば結果、費用も多くか

かり雨漏れの進行が進んで直せない部分も出

てきます。

病気と同じで早期発見、早期対処が重要です

 

お施主様からのお手紙やインタビューはこちら↓

施工例はこちら↓

Follow Us Instagram↓