エムズ通信 Aimss Journal

自然素材の家づくり!失敗・後悔しないためには

家づくりのこと

こんにちは!スタッフの桑村です。

近所のスーパーでは週3回、卵1パック1円の大特売をしています。

(ただし1000円以上購入、おひとり様1パック限り)

私は毎週嬉々として買い物に。

ありがたい限りです!

 

心地良く、健康的な暮らしができる自然素材の家。

しかし万人受けするかと言われると「YES!」とは言いづらい所もあります。

「自然素材の家」と検索すると「自然素材の家 失敗」「自然素材の家 後悔」といったワードも。

自然素材の家づくりにもお施主様によっては向き・不向きがあります。

一生に一度、もしくは二度の家づくり。

そこに住むご家族の人生をカタチづくる家づくり。

できるだけ失敗や後悔をしなくて済むようにしたいですね。

では自然素材の家に対して、一般的にどんな失敗や後悔があるのでしょう・・・?

①自然素材の特性を理解できていない

「自然素材の家を建てたい」「HPを見て気になりました」など、エムズに興味を持ってくださった

お客様には、まず最初に必ずエムズの家づくり教室に参加し、自然素材を特性を知り、理解を深めて

いただきます。

自然素材の良い所も、悪い所も包み隠さずお話しします。

ここをきちんとお伝えすることにエムズの意義があると考えているから。。

 

自然素材は文字通り「自然本来の特性を持つ素材」。

なので家づくりに用いてもその特性が持続します。(そこが最大の魅力!)

特に木は山から伐採されて木材としてカタチを変えても生き続けているので、家の柱や梁になっても

呼吸をし、調湿します。

その過程で、どうしても生じてしまう伸縮や割れ。

これは木が生きていることを実感できる良い現象なのですが、木の特性を理解できていなければ

失敗ポイントと捉えられてしまうことも・・・

 

以前、あるお施主様は、こうおっしゃっていました。

パキッとかピシッて、空気の乾燥で木が割れる音がするでしょう。

 最初はびっくりしていたけど、最近ではこの音を聞くたびに『この家が呼吸しているんだな~』と

 感じるんよ

まさにおっしゃる通りで、伸縮や割れは家が呼吸しながら快適な空間をつくり出してくれている証

なのです。

②ちょっとした汚れやキズも気になってしまう

人工的に大量生産される工業製品とは違って、自然素材にはそれぞれに個性があります

無垢材の木目はひとつひとつ違うし、和紙クロスは漉き方によって一枚一枚表情が違います。

そしてこれらは加工されていないので、汚れやキズが付きやすいです。

人工的にコーティングされていればサッと落ちるような汚れも、自然素材であれば落とし辛かったり、

硬い新建材であれば付かないようなキズも、無垢材であれば付いてしまったり。

神経質な方には、これが後悔ポイントとして挙げられるかもしれません。

でも、そのキズだって最初こそ気になるものの、だんだんとその家の「味」として定着してくるから

不思議です。

 

あるブログで

「家鳴りがするのは無垢材がその場の環境に慣れようと、ひたすら努力をしている状態だということ」

という一文を目にしました。

家自体が一生懸命に努力して、そこに住むご家族が安心して快適に過ごせるような環境をつくって

くれている

だから、おおらかな気持ちでそれを受け入れ、家に愛着を持って、一生を共にする

自然素材の家づくりって、そういうことなのではないでしょうか。

どんな素材にもメリット・デメリットがあります。

自分はどんな素材が好みなのか、何をどの程度許容できるのか等を事前にしっかり把握しておくことで、

「こんなはずじゃなかった」は回避でき、満足いく家づくりができると思います。

 

自然素材の特性を知りたい、自然素材の家を体感してみたい方、エムズではお客様のご都合に合わせて

随時、勉強会を開催しております。

お気軽にお問い合わせください。

 

お施主様からのお手紙やインタビューはこちら↓

施工例はこちら↓

Follow Us Instagram↓