エムズ通信 Aimss Journal

注文住宅をご検討中の方へ~玄関の広さは意外と重要!玄関の適切な広さと施工例の紹介~

家づくりのこと

こんにちは!スタッフの桑村です。

先日、2回目のワクチン接種を終えました。

噂通りの発熱・頭痛・筋肉痛!!!

覚悟はしていましたが、まぁまぁきつかったです。

これで多少の安心を得ることができましたが、引き続き感染予防はしっかりと!

 

先日のブログでは、リビングの適切な広さなどについてご紹介しました。

今回は玄関について、施工例も交えながらご紹介したいと思います。

よく「玄関は家の顔」と言われます。

人が最初に入る場所であり、その家に対する印象を大きく左右する場所。

素敵な玄関を見ると、どんな人が住んでいるんだろう、どんなお部屋なんだろう、きっとすごく

キレイなんだろうな~とか色々想像してしまいませんか。

素敵な玄関 株式会社エムズ

リビングやキッチン、収納などに比べ、意外と見落とされがちな玄関の広さ。

実は玄関にも適切な広さがあります。

標準的な広さは3畳で、開口1.35メートル以上、奥行き1.2メートル以上あると快適だと

言われています。

土間(1畳)+玄関ホール(1畳)+収納スペース(1畳)として確保できるのが理想です。

玄関脇にシューズクロークを設けるのも人気ですね。

散らかりがちな靴や傘などを目線から遮ることができ、土間がスッキリと広く見えます。

また、かさ張るアウトドア用品、釣り道具、防災グッズなどの片付け・持ち出しにも便利で、

子供が小さいうちはベビーカーを待機するスペースとしても有効です。

 

■エムズの施工例紹介

こちらは斜めの框が印象的な玄関。

玄関 株式会社エムズ

左側に土間続きのシューズクロークを設けています。

シューズクローク 株式会社エムズ

こちらは杉板の目隠しが印象的な玄関。

玄関 株式会社エムズ

裏側には大容量の収納スペース。

空間が広いので空気がこもってしまうこともありません。

シューズクローク 株式会社エムズ

こちらは和モダンな鉄平石の床がお洒落な玄関。

鉄平石の玄関 株式会社エムズ

奥の扉の向こうには広いシューズクローク兼収納。

大容量収納 シューズクローク 株式会社エムズ

こちらの清楚な玄関。

玄関 株式会社エムズ

すぐ脇には広い納戸。

土間続きではないものの、玄関脇に設けることで、利便性が高まります。

広い収納 株式会社エムズ

こちらは御影石が美しい和の趣の玄関。

和風玄関 株式会社エムズ

反対側にはベンチを設け、ちょっとしたおもてなしスペースです。

こちらの玄関では地窓を設け上部を有効活用。

すぐ横が駐車場なのでプライバシーも守れます。

下からの採光 株式会社エムズ

玄関は毎日必ず通る場所。

そのため、玄関の広さは日々の快適さに直結します。

家族構成や来客の多さ、玄関に収納したい物の量などを考慮して、十分な広さを確保できると

いいですね。

見送り、出迎えてくれる、ご家族にとっての唯一無二のあたたかい場所となりますように。

 

お施主様からのお手紙やインタビューはこちら↓

施工例はこちら↓

Follow Us Instagram↓