エムズ通信 Aimss Journal

リフォームと建て替え、何が違うの?どっちがいいの?

家づくりのこと

こんにちは!スタッフの桑村です。

「一月往ぬる、二月逃げる、三月去る」この言葉通りの3ヵ月でした。。。

早かった!!!

 

さて、エムズでは新築・リフォームどちらも対応しています。

なので「リフォームと建て替え、どっちがいいんですかねぇ?」なんてご相談もいただきます。

同居人数の変化(お子様の独立・両親との同居など)や健康上の理由(バリアフリー化など)、

キッチンなどの設備・壁紙など内装の老朽化、、、ケースによって判断が変わるし、

その判断が意外と難しいんですよね。

 

そもそもリフォームと建て替えはどう違うのでしょう?

 

リフォームとは「部分的に改装や修繕などをして古くなった箇所を新築同様の状態に戻すこと」

エムズでも、改築、内部改装、外部改装などのリフォーム工事をよくご依頼いただきます。

リフォームは予算に合わせて改装できたり、工事期間中に住みながら工事を進めることができます。

(大がかりなリフォームの場合は仮住まいをおススメすることもあります。)

一方で、耐久性・耐震性などの観点から、自由自在に間取りを変更できないこともあります。

こんな間取りにしたいからこの柱を取りたいけど、構造上どうしても取り外すことができない!

ということもあります。

あとは「工事の音や人の出入りがちょっと、、、ストレス、、、」なんてこともあったりします。

 

建て替えとは「既存の住宅を基礎部分から取り壊して、新たに住宅を建築すること」

建て替えは理想の間取りにできることや、住宅性能や全ての設備を新しくできることが魅力ですね。

ただ、仮住まいや引っ越し費用、解体費用が余分にかかってきます。

また、どんな住宅でも建て替えができるわけではなく、建築基準法で定められた

「幅員(幅)4m以上の道路に2m以上接した土地でなければならない」などの基準があります。

この基準を守れていない住宅は「再建築不可物件」として建て替えができないので要注意です。

 

以上がリフォーム・建て替えのメリット・デメリットです。

予算、家族の状況、躯体の状況など何を優先するかによって判断が変わります

リフォーム費用が建て替え費用の8割を超えるなら、思い切って建て替える方がいいかも

しれませんね。

リフォームのつもりが「壁をめくってみたら構造自体が腐食やシロアリ被害で大変なことに

なっていて、結局建て替えました」というケースも過去にありました。

もし「どっちがいいものか、、、」とお悩みなら、一度ご相談ください。

プロの視点で、適切にアドバイスさせていただきます!

お気軽にどうぞ~(^^)

 

お施主様からのお手紙やインタビューはこちら↓

施工例はこちら↓

Follow Us Instagram↓