エムズ通信 Aimss Journal

「夏涼しく冬暖かい家づくり」に必要なこと

家づくりのこと

こんにちは!スタッフの桑村です。

今期は家庭訪問ではなく学校での個人懇談になりました。

毎年この時期が来ると慌てて大掃除する身としてはラッキーです(笑)

 

以前、新築をさせていただいたお客様から

「実際に住んでみて思うのは、エムズの家って夏涼しく冬暖かい、というより

 冬ふんわり暖かいってかんじなんですよね」

という一言をいただきました。

「すっごく暖かいってわけではないけど、ふんわりと包み込んでくれるような暖かさがある」

とのこと。

たくさん着こまなくても、分厚い布団をかけなくても、なんだか「ほわん」とした暖かさが

あるんだそうです。

全館空調でも高気密でもないのに、ふんわりとした暖かさを感じられるエムズのおうち。

ポイントは断熱と蓄熱です。

エムズのおうちは空気の特質を生かした家づくり

夏、屋根が熱せられれば地面との温度差が大きくなります。このときに上昇気流が発生します。

屋根が熱せられ温度差が大きくなるほど、空気の流れは速くなります。

この流れで熱気を排出します。

冬は屋根と地面の温度差があまりないので空気の動きは止まります。

その為、空気は外周りを覆う保温材の役割をしてくれます。まさに自然の断熱材!!

また断熱材に採用しているセルロースファイバーは、複雑に絡み合った繊維が空気の層をつくり、

さらにその1本1本の繊維の中にも自然の空気胞が存在して、より一層熱を伝えにくくしている

素材で、断熱性能が高く、ある程度の蓄熱性能も持ち合わせています

そして何より、比較的高い断熱性能を持ち、且つ蓄熱性能が高い木材をふんだんに使用しています。

「蓄熱性が高い」ということは「冷えにくく暖まりにくい」ということ。

冬はお日様の光や暖房で一度暖まった木材等の蓄熱素材が、暖房を切った後でも室内にゆっくりと

熱を放射して冷えるのを抑えてくれ、夏は室内の熱を吸収して、温度の上昇を抑え、涼しく

保ってくれます。

特に無垢のフローリングに触れると、それがよく分かります。

夏は本当にサラサラしていて気持ちがいいし、冬は日中に日が当たっていた部分が夕方になっても、

なんだかじんわり暖かいんです。

おうち自体の性能と素材の良さが相まって「夏涼しく冬ふんわり暖かい」が実現できるんですね。

 

ちなみに、前回の高気密高断熱の記事で出てきたQ値とUA値。

徳島は次世代省エネ基準区分Ⅳ地域に当たりQ値の基準値は2.70、またUA値は0.87です。

エムズが施工するおうちのQ値の平均は2.0、UA値は0.56。

エムズのおうち、なかなかいい感じの断熱性能です!

 

もっと詳しい仕組みや実際のエムズのおうちを体感してみたい方がいらっしゃいましたら

お気軽にお問い合わせくださいね~。

 

お施主様からのお手紙やインタビューはこちら↓

施工例はこちら↓

Follow Us Instagram↓