エムズ通信 Aimss Journal

N様邸で屋根地造作を行ないました。

施工現場日誌

現場監督の幸津です(^.^)

 

現場の方はN様邸で

屋根地造作を行ないました。


室内と外壁材の間の通気(断熱性あり)が

屋根に向かって流れ、

屋根を受ける垂木と呼ばれる材料の間を

通気が移動して、棟の頂点で外に出るように

なっています。


また、基礎工事の時に入れたホールダウン金物を

今度は大工さんに受け金物の方を

締め付けして頂きました。 筋交いも入れながらの作業です。