エムズ通信 Aimss Journal

25年来の雨漏り解消!

施工現場日誌

築25年になるK様では新築依頼、台風などの

大雨時にずっと雨漏りに悩まされてきたと言

われます。

「原因がわからないんですよね・・」とK様。

一階の窓枠に雨の流れた跡があります。

もう黒くなって長い年月、続いていた痕跡です。

さっそく調査をしました。

家の外を見て一目で原因がわかりました。

 

1階の屋根の隅が原因です。

見た目はわかりませんが、この瓦の下に水切りという

部材で、家の中に雨の浸入を防ぐ役割の鉄板が入って

います。通常、瓦では雨漏りを防ぐことはできません、

強風、大雨の時には瓦の下に雨水が入っています。

このとき家の中に入らないように防ぐ役割をしている

のが水切りという部材です。

外壁にも同じように外壁に入った雨が家の中に侵入し

ないように止める役割をしているのが防水シートとい

うこの紙です。

雨が入った原因は洋服のボタンの掛け違いではないで

すが、上から入った水が下のシートの外側になければ

ならないのが逆になり、家の中に入る勝手になっています。

普段の雨では漏らないけれど台風の時には瓦の

下に雨が入り、その入った水が鉄板の上をはしり

そのまま家の中に入っています。

こんな例はよくあります。

施工中に注意して確認しなければいけないチェッ

クポイントです。大工さん、板金屋さんの連携が

うまくいっていないとよくある状態です。

ほんのチョットしたことが完成後に大きな問題を

残すようになります。

エムズの日常の施工でも特に気を付けているところです。

 

改修後は雨が家の中に入らないよに、壁の防水シートの

外側に水切りがかぶさってくるようにしています。

これなら上から雨水が伝わってきても家の中に入ること

はありません。

これでK様には梅雨を迎える時、ご安心していただけます。

 

お施主様からのお手紙やインタビューはこちら↓

施工例はこちら↓

Follow Us Instagram↓