エムズ通信 Aimss Journal

自然素材の「呼吸する家」

施工現場日誌

梅雨をよけて棟上げの日を迎えました。

28日が棟上げ当日です。

その一週間前から木組みを進めてきましたが梅雨も明けて

うまい具合に雨にぬれずにこれました。

今年は梅雨入りが遅かったので後半、雨が長引かないかと

心配をしていました。

木組みの第一は土台、床組みです。

床を支える鋼製束を取り付けていきます。

以前は「木」でしていました。

直接コンクリートに接触する部分は鋼製なのでシロアリ被

害も心配いりません。土台も直接コンクリートに接触する

ことなく基礎パッキンという部材を挟んでいます。

いよいよ柱建てです。

土台、床組み、柱外周部はすべてヒノキ材です。

国が指定している特定樹種です。

ヒノキはシロアリに強いのです。

柱はヒノキ4寸

梁は徳島県産杉を使っています。

地産地消、徳島県南の山で生まれ育った木が形を変えて

K様ご家族の家を形作り、これから末永くの安全、安心

を支えてくれます。

 

 

お施主様からのお手紙やインタビューはこちら↓

施工例はこちら↓

Follow Us Instagram↓