エムズ通信 Aimss Journal

確かな安心を。

施工現場日誌

家の外回りに何を選択するかは迷いますが、

基準は耐久性です。

屋根、外壁、窓サッシは四季折々、常に自

然と向き合い、自然の脅威から私たち家族

を守る砦となっています。

選択基準は

1.耐久性

2.デザイン

3.コスト です。

徳島では台風もよくあります。雨漏りは家の

耐久性が下がるばかりでなく、カビの発生、

シロアリ発生と二次被害も大きくなります。

選択肢の中で良く迷うのはコストとの比較で

す。いいものを使えばコストが上がります、

でも、人生100年時代と言われています。

家は長く住み続けるものです。

35歳で家を建てれば、なんと!65年もの

生活があります。外回りのメンテナンス

費用は特に高くつきます。

結果、メンテナンスサイクルが少ないほど

トータルコストは安くなります。

いい素材を使えば耐久性良く、美観良く

いつまでも安心して住まうことが出来ます。

 

エムズの「呼吸する家」では

仕上げは:ジョリパット(左官屋さんによる

     鏝塗り)

下地材は:デラクリートを採用しています。

特徴は外観の美しさと、表面にコーキングが

表れていません。なので、コーキングの割れ

、剥がれの心配が少なく雨漏りにも安心。

 

今、K様では”デラクリート”を張っています。

デラクリートセメント板

セメントボードは可とう性にすぐれた組成構

造になっているので、地震や台風などの外部

応力による面内せん断力や歪みをセメントボ

ード内にマイクロクラックを発生させること

で緩和させます。

使用前に板を曲げて割れを発生させます。

この作業により仕上げ表面(ジョリパット)

のクラックの発生を可能なかぎり抑制する

ことができます。

家が出来上がるまでには、たくさんの材料が

使われています。

その材料を決めるのは一つ一つが大きな決断

です。外壁下地材は重要な材料です。

外壁の仕上げ、塗り壁がきれい・・と採用し

てもその下地材である材料が悪ければクラッ

ク、反りなどが発生して長い年月の厳しい

環境に耐えることができません。

エムズでは一番安心と思われるこの材料を

使っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

お施主様からのお手紙やインタビューはこちら↓

施工例はこちら↓

Follow Us Instagram↓