エムズ通信 Aimss Journal

湿度は汚れのバロメーター

施工現場日誌

生活する上で私達がとる様々な行動。

それにともない大量の湿気が発生します。呼吸も然り。

 

大量の湿気は結露やカビ・ダニの発生を引き起こします。

ホルムアルデヒドなどの有害物質の放散量も増えるというデータも!

 

そうならないためにも、湿気をこもらせないことが大切です。

以下の記事は、以前エムズで行った実験です。

新建材の家の環境と、

エムズの呼吸する家とを比べてみました。

 

 

 

まずは、

「新建材の家」の仕様

床:複合フローリング

壁:ビニールクロス

実験開始:3月28日 中に生椎茸を入れました

・・・6日経過・・・

 

触るとヌルヌル!!!

 

湿度は92%!

 

さらに15日後・・・

カビがいっぱいです!

 

続いて、

エムズの「呼吸する家」の仕様   

 床:杉板フローリング    

 壁:珪藻土  

同じく、

実験開始:3月28日 中に生椎茸を入れました

・・・6日経過・・・

 

触るとカラカラ!!!

 

湿度は53%

 

さらに15日後・・・

不思議!カビが見えません!

 

この実験で、自然素材を使った家の中ではカビの発生は見られませんでした。

空気環境の違いがこうした結果をつくるのでしょうか。

湿気の恐ろしさが目に見えて分かりますね。

自然素材の「呼吸する家」は適度な湿度を保ちながら快適な空気環境をつくり出し、

健康を守るお手伝いをしてくれます。

 

お施主様からのお手紙やインタビューはこちら↓

施工例はこちら↓

Follow Us Instagram↓