エムズ通信 Aimss Journal

晴の「地鎮祭」

施工現場日誌

地鎮祭は「とこ鎮めのみまつり」とも言います。

N様で今日、晴の地鎮祭をしました。

雲一つない爽やかな青空が広がっています。

地鎮祭、ことの始まりは神世の昔にさかのぼります。

神様がこの日本、大和の国を豊かな国にするために

鋤、鍬を使って国づくりを始められたのがことの由来と

いわれます。

「豊葦原の瑞穂の国を安らけく豊かならんと願いつくり

始めるに・・」

今も地鎮祭ではお施主様は鍬、施工業者は鍬を持って

大地を見立てた砂山を「エイ、エイ、エイ」3度声を出

して突き固めます。

私(齋藤)の持つ手には鋤。

3度「エイ、エイ、エイ」と、つい力が入ります。

 

これからの工事が無事に安全にこと進みN様の弥栄とご

多幸を心より願います。

いよいよ来週から着工です。

今までN様の想い、夢を育みながら設計にとり組んでき

ました。理想の形はできあがりました。

これからこの地でN様の夢を形にしていきます。

スタッフ一同、会社の理念である「正心誠意」

N様の喜び、幸せを念じて励んでいきます。

 

 

お施主様からのお手紙やインタビューはこちら↓

施工例はこちら↓

Follow Us Instagram↓